労務監査サービス

予防が肝心!
労務リスク診断で対策を!

 

違法な長時間労働をさせた企業が、企業名を公表されるなど、労務に関する問題が連日マスコミで取り上げられています。

 

一度、『ブラック企業』のレッテルを貼られてしまいますと、イメージダウンによる「顧客離れ」や「採用募集に人が集まらない」など企業経営に深刻な影響をもたらします。よって、以前にもましてトラブルが発生する前に、問題点を解決する必要が中小企業に対しても求められてきています。

 

そこで、「問題があるのかないのか」「問題はどこにあるのか」等の労務のコンプライアンスをチェックし、法令違反を洗い出すのが『労務監査』です。

 

 

 

8分野、10項目(計80項目)の労務リスク診断を行います!

診断するのは、労働基準監督署がよくチェックをし、社員とのトラブルにもなりやすい以下の8項目です。
「募集・採用」 「労働時間・休憩時間」 「賃金」 「労働保険・社会保険」 「安全衛生」 「休暇・休業」 「退職」 「帳簿・就業規則」

重要なポイントに絞り、効率よく診断することができます。

 

リスク診断の後は、詳細のレポートを提出させていただきます。
詳細のレポート付きですので、担当者が「どのように改善したらいいのか」がすぐに分かります。
就業規則の見直しなど、担当者では手に負えない改善が必要な時には、社会保険労務士がフォローします。

 

 

 

 

 

労務監査サービスの流れ
1.まずは、お電話ください!
2.質問表のご送付及びご返信

質問表(8分野、10項目)をメール又はFAX、郵送にてお送りいたします。
ご記入いただきました質問表をメール又はFAX、郵送にてご返信ください。

3.診断結果

リスク診断実施後、詳細のレポートを提出させていただきます。
結果につきましては、必要に応じて社会保険労務士がフォローします。

 

 

 

料金について
労務監査 20,000円(税別)

※恐れ入りますが、本サービスは顧問先のみの提供になります。